今さら訊けない「永代供養」お悩み、疑問がスッキリ解決!
永代供養ナビTOP永代供養コラム永代供養は合祀墓だけじゃない!納骨堂や集合墓、個別スペースが確保される5つの永代供養

永代供養は合祀墓だけじゃない!納骨堂や集合墓、個別スペースが確保される5つの永代供養

永代供養は合祀墓だけじゃない!納骨堂や集合墓、個別スペースが確保される5つの永代供養

永代供養は合祀墓だけではありません。納骨堂も永代供養であるように、「永代供養」とは形のないサービスのひとつです。そのため永代供養は納骨堂の他、さまざまな葬送に付加することができます。
 
墓じまいを行うと「永代供養は合祀墓」と一辺倒になりがちですが、取り出した遺骨のなかには両親や配偶者、親しかった祖父母の遺骨もあるでしょう。
 
このような遺骨は永代供養を付けたとしても、納骨堂や集合墓のように、個別の墓標を持つ葬送が可能です。そして選択肢によっては合祀墓と同じく費用を抑えた方法もあります。
 
今回は、個別の墓標(スペース)で永代供養ができる、納骨堂や集合墓など、5つの選択肢を費用目安とともにお伝えします。
 

永代供養は合祀墓だけじゃない!納骨堂や集合墓、個別スペースが確保される5つの永代供養

ヤシロの堂内墓地ホームページへ

永代供養には、納骨堂や集合墓もある?

永代供養には、納骨堂や集合墓もある?

近代になって広がり始めた「永代供養」は、まだまだ一般的には勘違いをする方々も多いです。「永代供養」と「永代使用」の間違えや、「永代供養=合祀墓」イメージの定着もあります。
 
けれども永代供養は納骨堂でも一般的であるように、そもそも「形あるもの」ではありません。永代供養の形は納骨堂とは変わるものの、一般墓にも付加できるものです。
 

【 永代供養が納骨堂にも付くとは? 】
 
● 「永代供養」は施設管理者側が、継承者(墓主)となる家族に代わり、その遺骨やお墓を永代(未来永劫)に渡り、供養や管理をしてくれる、形のない契約を差します。
 
→ そのため永代供養は納骨堂や集合墓、一般墓など、あらゆるお墓に付加することが可能です。ただし多くの永代供養で(納骨堂も含め)、個別スペースで管理・供養ができる期間は限られていることが多いです。
 
※ 10年/15年/33年/50年など期間に違いはありますが、個別スペースで供養・管理される期間が過ぎると、合祀墓に合祀埋葬されます。

 

永代供養では納骨堂も含め、一般的に個別スペースで安置される期間が長くなればなるほど、費用も高くなる傾向です。また永代供養によりそれぞれですが納骨堂の場合、多くの施設で契約更新ができます。
 
合祀墓は他の遺骨とともに合祀埋葬され、永代に渡り供養される「永代供養」のひとつの形と言えるでしょう。
 

個別の永代供養と言えば、納骨堂

個別の永代供養と言えば、納骨堂

個別スペースを確保する永代供養と言えば、納骨堂のイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。以前から納骨堂はありましたが、その利用目的は「お墓を建てるまでの安置期間」でした。
 
けれども今では永代供養の付いた納骨堂が広がり、ひとつの葬送方法として選ばれるようになっています。
 

【 個別の永代供養(1)納骨堂 】
 
● 終活により永代供養の付いた納骨堂を選ぶ方も増えているため、契約時に一括して全ての費用を支払うシステムも増えましたが、個別スペースが確保されている期間は年間管理料を必要とする施設も多いため、注意をしてください。
 
→ 永代供養が付いた納骨堂の費用相場は約25万円~200万円、費用幅が広いのには、個別スペースに収蔵する遺骨の数が関係しています。
 
(1)個人スペース(遺骨1柱)… 約25万円~100万円/1柱(平均的には約50万円/1柱)
(2)家族スペース(遺骨3~5柱)… 約50万円~200万円/3~5柱(平均的には約100万円/3~5柱)

 

永代供養付きの納骨堂で費用に幅があるのには、遺骨を収蔵するスペースの大きさなどもありますが、施設自体のシステムによるところも大きいでしょう。
 
都心部にも建てやすい永代供養付きの納骨堂は、アクセスが良くお参りがしやすいとして、今最も注目される供養の形です。
 
そのため従来型のロッカー式の他、自動で遺骨が繰り出される自動繰り出し式や、仏壇型などがあります。
 
※永代供養付き納骨堂の種類によって違う費用目安については、別記事「納骨堂で永代供養を行う費用はどれくらい?納骨堂5つの種類で違う費用相場を解説!」をご参照ください。
 

屋内にお墓を持つ、堂内墓地

屋内にお墓を持つ、堂内墓地

近年増えてきた個別スペースが確保される永代供養の形として、納骨堂に似た「堂内墓地(室内墓所)」があります。
 
屋外のお墓よりも非常にコンパクトにまとまったお墓が多い傾向にありますが、公園型の堂内墓地なども登場しました。
 

【 個別の永代供養(2)堂内墓地 】
 
● そのため永代供養の種類において、堂内墓地は納骨堂のひとつの種類とも捉えられますが、「屋内に建つお墓」に近いのではないでしょうか。
 
→ また、自動繰り出し式の永代供養付き納骨堂と同じ仕組みで、お参りの度に個別の参拝スペースに建つお墓に、遺骨が繰り出されるシステムもあります。
 
(1)個人スペース(遺骨1柱)… 約20万円~100万円/1柱(平均的には約50万円/1柱)
 
(2)家族スペース(遺骨3~5柱ほど)… 約100万円~200万円/3~5柱(平均的には約135万円/3柱~5柱ほど)
 
(3)無制限スペース … 約100万円~200万円/無制限(平均的には170万円/無制限ほど)
 
※ 堂内墓地の場合、個別スペースが確保される期間は、納骨堂と同じく年間管理料が掛かる施設が多いです。目安として1万円~2万円/年ほどと考えてください。

 

価格を決める要素には、収蔵できる遺骨の数の他、お墓の大きさや豪華さ、個別参拝スペースなどの快適さなどもあるでしょう。
 
堂内墓地(室内墓所)での永代供養の魅力は、納骨堂と同じく天候に左右されず、都心部に多いためアクセス環境が良い一方、費用を抑えて、従来のお墓と同じように手厚い供養ができる点です。
 
三回忌や七回忌など個別の法事法要ができる施設も多く、日々の供養も手厚い施設が多くあります。

個別埋葬型の樹木葬

個別埋葬型の樹木葬

「樹木葬」は個別スペースが確保される永代供養では、納骨堂の次にニーズが高い方法です。
 
樹木葬は遺骨を自然に還す自然葬のひとつですから、「個別スペースが確保されるの?」と驚く方も多いのですが、遺骨を個別スペースに埋葬することで確保します。
 
対して、他の遺骨と一緒に埋葬する「シンボルツリー型」や「集合型」もあるでしょう。シンボルツリー型は言わば合祀墓と同じスタイルで、遺骨を骨壺から取り出して埋葬します。
 
一方、同じ場所に「骨壺のまま」埋葬される種類が「集合型」です。
 

【 個別の永代供養(3)樹木葬 】
 
● 個別スペースが確保される樹木葬では、埋葬スペースに木を受ける植樹型や、小さな墓石を目印とする公園型(ガーデン型)などがあります。人気があるのはお墓としての機能を持つ公園型ではないでしょうか。
 
(1)個別スペース(遺骨1柱)… 約25万円~70万円/1柱ほど(平均的には約50万円/1柱ほど)
(2)家族スペース(遺骨2柱~4柱ほど)… 約70万円~170万円/2柱
 
※ 公園型(ガーデン型)樹木葬の場合は、墓石の大きさやカロート(遺骨を埋葬するスペース)の広さなどで価格幅があります。ペットと入る樹木葬も発見できるでしょう。

 

ただ個別スペースが確保される永代供養としては納骨堂にも似ていますが、基本的には自然に還る樹木葬なので、一度埋葬されたら遺骨を取り出して改葬(お墓の引っ越し)ができない墓地が多いです。
 
※ 樹木葬については「大阪で桜葬を選ぶ家族が増えたのはなぜ?体験談から見る理由、樹木葬の選び方・供養の仕方」でも詳しくお伝えしています。
 

墓石の費用を抑えた、集合墓

墓石の費用を抑えた、集合墓

続いて個別スペースが確保される永代供養として、納骨堂に近い形が集合墓です。納骨堂は屋内で遺骨が収蔵されるのに対して、集合墓は屋外に墓石の形で建てられている点が多いな違いでしょう。
 

【 個別の永代供養(4)集合墓 】
 
● 一般的な個別墓が戸建てであれば、集合墓はマンションのようなイメージです。そのため上下左右に他家のスペースが並びます。
 
→ 家族スペースが設けられた集合墓は少ない傾向にあり、個別スペースが多いでしょう。費用目安は約10万円~50万円/1柱ほどで、平均的には約25万円/1柱ほどが目安です。

 

集合墓を選ぶ際に理解したいポイントは、お彼岸やお盆など、お墓参りが集中する時期に混雑しやすい点ではないでしょうか。
 
墓石で建てられてはいますが、ロッカーのように上下左右に個別スペースが並ぶタイプが多いため、隣接した家とお墓参りが重なると、どちらかが譲るなどして協力し合いながらお参りを済ませなければなりません。
 
気になるようであれば、お墓参り時期を敢えてずらすと良いでしょう。
 

個別墓に永代供養を付加

個別墓に永代供養を付加

冒頭でお伝えしたように、永代供養と言うと合祀墓や納骨堂をイメージしますが、実は「永代供養」自体は形のないものです。そのため一般的な個別墓にも永代供養を付けることができます。
 
ただ一般的な個別墓に永代供養を付加する場合、墓石代は掛かりますから、費用を抑える目的としては割高です。継承者がいないけれどお墓を建てたい場合などに役立ちます。
 

【 個別の永代供養(5)個別墓 】
 
● 現代の個別墓の建墓費用は約200万円ほどと言われ、平均的には約125万円~150万円とされていますが、墓地の広さやお墓の大きさ、墓石によって約300万円~600万円まで、価格幅は広いです。
 
→ この建墓費用に永代供養をプラスする形になりますが、個別墓に付加する永代供養料の目安は、約40万円~100万円/1基と言われています。平均的には約40万円~50万円/1基が多いでしょう。

 

ただし個別墓ですから、生前は一般的なお墓と同様に年間管理料が掛かる墓地も少なくありません。(寺院墓地の場合はお布施として支払うことになるでしょう。)
 
基本的に継承者がいなくても無縁仏にはなりませんが、その他は一般的なお墓と同じ管理・供養システムです。
 
 

いかがでしたでしょうか、今回は合祀墓以外の個別スペースが確保できる永代供養の形について、納骨堂や堂内墓地(屋内墓所)、樹木葬や集合墓などについてお伝えしました。従来の一般的な個別墓にも、永代供養は付けることができます。
 
今、終活では子どもや孫に余計な負担を掛けまいとして、遺骨を0とする葬送、海洋散骨や火葬場で遺骨を引き取らない0葬なども注目されていますが、不安定な時代だからこそ、「個別の墓標にお参りしたい」とする若い世代が増えました。
 
両親や祖父母、ご先祖様に見守られている安心感は、人生において不安な時代の後押しにもなります。
 
そんな時、墓守の負担を避けながらも、一定年数は個別に参拝できる永代供養は、今のニーズに最もマッチした供養の形なのかもしれません。
 
※ 墓じまいについては別記事「【大阪の墓じまい】行政手続きの手順。墓じまいと改葬(お墓の引っ越し)は何が違うの?」などもご参照ください。
 
 

まとめ

個別スペースが確保される5つの永代供養

・納骨堂
・堂内墓地
・個別埋葬型の樹木葬
・集合墓
・個別墓に永代供養を付ける

ヤシロの堂内墓地ホームページへ
ヤシロの永代供養墓の
ご見学、資料請求はお気軽に

お電話でも受け付けております

0120-140-8469:00~17:30(年中無休)
ヤシロの永代供養墓の
ご見学、資料請求はお気軽に

お電話でも受け付けております

0120-140-8469:00~17:30(年中無休)
  • 永代供養墓の選び方
  • エリアで探す
  • 堂内墓地
  • ヤシロの墓じまい
  • 仏壇・仏具COCOテラス
  • ヤシロのお葬式
  • 火葬・埋葬ペット供養
pagetop