今さら訊けない「永代供養」お悩み、疑問がスッキリ解決!
永代供養ナビTOP永代供養コラム【樹木葬の選び方】自然(土)に還るシンボルツリー型樹木葬|仕組みで選ぶ6つのポイント

【樹木葬の選び方】自然(土)に還るシンボルツリー型樹木葬|仕組みで選ぶ6つのポイント

【樹木葬の選び方】自然(土)に還るシンボルツリー型樹木葬|仕組みで選ぶ6つのポイント

樹木葬の選び方は、まず「樹木葬を選んだ目的」を思い返すことから始まります。そこで「自然に還りたい」目的を持つ人には、土に還る自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬が人気です。
 
一方、同じ樹木葬でも、ガーデン型樹木葬ペットと入る樹木葬は、埋葬されてから花々に囲まれたい人を多く見受けます。
 
また自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬は、他の樹木葬と比較して割安傾向にあるのも特徴です。
 
今回は自然へ還りたい人に選ばれる、自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬の選び方、霊園やサービスで違う6つのポイントをお伝えします。
 

【樹木葬の選び方】自然(土)に還るシンボルツリー型樹木葬|仕組みで選ぶ6つのポイント

自然葬COCORO特設ホームページへ

自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬の選び方ポイント

自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬の選び方ポイント

自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬を選ぶ人の多くは、「自然に還りたい」想いが第一にある人が多いです。
 
そのうえで、自然葬型樹木葬の選び方としては、自然に還るまでの埋葬のされ方や、一緒に埋葬されたい人々、自分が埋葬された後の家族の供養方法などの希望を整理し、さまざまなタイプから選びます。
 

<自然葬型樹木葬の選び方、6つのポイント>
 
埋葬方法(他の遺骨との区別)
・自然(土)に還る仕組み
一緒に入る人
・埋葬後の供養方法
・埋葬後のメモリアルサービス
・自然葬型樹木葬の費用目安

 

埋葬方法で選ぶ

埋葬方法で選ぶ

自然型樹木葬は、自然(土)に還る樹木葬です。
 
自然(土)に還る仕組みは霊園により種類がありますが、最終的に遺骨は土に還るため、他の遺骨とともに合祀埋葬されることはありません。
 
納骨堂など他の永代供養では、契約した一定期間が過ぎると合祀墓に合祀埋葬される仕組みが多いです。
 
自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬では、大きな樹木を中心に遺骨が埋葬されることは同じなのですが、「遺骨の埋葬方法」による違いがあります。
 

<自然型樹木葬のタイプ>
 
・合祀タイプ
・共同埋葬タイプ
・個別埋葬タイプ

 

合祀タイプ

合祀タイプのシンボルツリー型樹木葬は、遺骨を骨袋から取り出して一か所に埋葬します。
そのため、遺骨は個別には埋葬されません。
 
合葬墓(合祀墓/供養塔)と同じタイプで、墓標が大きな樹木になったと考えてください。
 

共同埋葬タイプ

共同埋葬タイプのシンボルツリー型樹木葬は、遺骨は骨袋に入ったままですが、埋葬場所は一か所です。
 
土へ還る骨袋で遺骨同士は分かれていますが、お墓で言うカロートは同じとなるため、土に還る過程で混ざっていくでしょう。
 

個別埋葬タイプ

個別埋葬タイプのシンボルツリー型樹木葬は、大樹の麓(ふもと)に埋葬されるものの、個々の区画が設けられています。
 
ひとり分の区画に、土に還る骨袋や木の骨壺で埋葬され、個別に土に還っていく仕組みです。
そのため家族は個別区画に向かい、お参りができます。
 

 

自然(土)に還る仕組み

自然(土)に還る仕組み

樹木葬のなかでも、「花々に囲まれて眠りたい」希望を叶えたガーデン型樹木葬などでは、陶器の骨壺に入れて埋葬される種類もあります。
 

※花々に囲まれて眠る、「ガーデニング型樹木葬」とは
花咲く「ガーデニング型樹木葬」の魅力

 

ただ、自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬では土に還ることを目的とするため、骨壺を使用する霊園でも、いずれは土に還る素材の骨壺などが多いです。
 

<埋葬方法のタイプ>
 
・遺骨を骨袋から取り出して埋葬
・遺骨をさらしや納骨袋で埋葬
土に還る素材の骨壺で埋葬

 

遺骨を骨袋から取り出して埋葬

前述した合祀タイプの自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬では、骨袋から遺骨を取り出して、他の遺骨と混ざる状態で埋葬します。
 

遺骨をさらしや納骨袋で埋葬

遺骨を個別に分ける埋葬するタイプの、共同埋葬や個別埋葬タイプで用いられる方法です。
 
さらしに巻いて納骨する方法の他、土に還りやすいよう、木綿の納骨袋に入れて埋葬する霊園もあります。
 

土に還る素材の骨壺で埋葬

遺骨は骨壺で埋葬されますが、骨壺が土に還る素材でできています。
 
木の骨壺を用いる霊園もありますが、最近では植物由来のセルロース、バイオマス原料で作られて骨壺を多く見掛けるでしょう。
 

 

一緒に入る人

一緒に入る人

樹木葬の選び方には「誰と入るか」は重視しない傾向にあります。
基本的に自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬は、ひとりひとりの契約なので、「誰かと一緒の区画」と言うものがない霊園がほとんどでしょう。
 
骨袋や骨袋から出して埋葬されるため、「誰かと入る」概念がないためです。
 
けれども個別の区画で仕切られた「個別埋葬タイプ」の場合、個別の区画を隣り合わせで契約することはできます。
 

<家族と入ることができるのか>
 
・土に還る仕組みなので契約はバラバラ
・夫婦など、隣りの区画で契約も可

 

もしも家族やペットと一緒に入る樹木葬を選びたい場合には、ガーデニング型樹木葬の、家族と入るタイプや、ペットと一緒に入るタイプを選ぶと良いでしょう。
 

 

 

※家族と入るガーデニング型樹木葬
【樹木葬の選び方】家族と入るガーデニング型樹木葬|期限や人数、希望で選ぶ4つのポイント

 

埋葬後の供養方法

埋葬後の供養方法

遺骨が自然に還り「0」になる仕組みの、自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬の場合、選び方のポイントとして、「埋葬後に個別の供養がどれだけできるのか」は重要です。
 
遺骨は残らずとも、埋葬後の霊園の合同供養サービスや、個別の供養ができるかどうかで、家族の気持ちは全く違います。
 

<埋葬後の供養>
 
・合同供養の頻度や方法
・合同供養への家族参加の可否
個別のお参りが可能かどうか

 

特に合祀埋葬型の自然葬型樹木葬では、決定前に家族の意向も確認した方が良いでしょう。
 
合葬墓(合祀墓)でも言えることですが、個別の墓標が残らないと覚悟をしたものの、いざ合祀埋葬される時に迷う人も見掛けるためです。
 

合同供養の頻度や方法

一例では、自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬で埋葬された人々の合同供養を毎月行う霊園などがあります。
 

<合同供養の有無と頻度>
 
合同供養が行われているか
・合同供養の頻度(毎月/3ヶ月毎/半年毎など)
・法要の宗旨宗派(真言宗/浄土宗/臨済宗など)

 

合同供養への家族参加の可否

自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬の選び方では、合同供養に家族参加ができるかどうかを重視する家族は多いです。
 
個別法要が難しい場合は特に、合同供養に参加して三回忌などの法要の代わりとする家も見受けます。
 

<合同供養への家族参加>
 
家族の参加が可能がどうか
・霊園によってリモート参加制度もある

 
一般的に合同供養の場合、お布施の必要はありませんが、気持ちとして千円~三千円ほどを包み持参する家族も多いです。
 

※合同供養とお布施
【葬祭マナー】永代供養をした後の供養でお布施は必要?納骨や合同供養、3つの金額目安

 

埋葬後のメモリアルサービス

埋葬後のメモリアルサービス

近年では、樹木葬の他にも散骨や合葬墓(合祀墓)など、個別のお墓が残らない永代供養が増えました。そのニーズも高まっています。
 
ただ、このような墓標が残らない「0葬」の場合、残された者が故人を偲び供養ができる「何か」を求める気持ちが募りやすいです。
 
そのため自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬の選び方としては、埋葬後に故人を偲び供養ができる、メモリアルサービスの有無をポイントにしても良いでしょう。
 

<埋葬後のメモリアルサービスの一例>
 
・名前を石碑に掘る
・メモリアルプレートを贈呈

 

 

名前を石碑に掘る

個別の墓標が残らない自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬や、合葬墓、海に遺骨を散骨する「海洋散骨」などの場合、別に石碑を設けて名前を刻むメモリアルサービスを見受けます。
 
墓石には、あの世の名前である「戒名」ではなく、生前の名前である「俗名」を刻む施設が多く、遺族は名前に向かって手を合わせることができるでしょう。
 

メモリアルプレートを贈呈

墓地やサービス内容によって異なりますが、埋葬後に故人の名前没年月日、埋葬年月日などを彫刻した、「メモリアルプレート」を贈呈するものもあります。
 
メモリアルプレートを家に飾り、手を合わせて日々の供養とする家が多いです。
 

費用で選ぶ樹木葬の選び方

費用で選ぶ樹木葬の選び方

自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬の選び方としては、価格幅も広いため、費用を比較検討して決める人もいます。
 
ただ後悔のないよう、ここまでお伝えしてきたような埋葬方法や埋葬後の供養方法など、内容まで鑑みたうえで、総合的に決めることをお勧めします。
 

<自然葬型樹木葬の相場>
 
1区画50万円~100万円が費用相場

 

ただ、安いから埋葬方法やサービスが悪いとも限りません。
樹木葬の分野が、まだまだ新しい葬送分野なので、費用相場も定まっていないためです。
 
規模の大きな霊園では、費用を抑えながら、丁寧な個別の埋葬方法と毎月の合同供養で手厚く供養されるものもありますし、小さな墓地で合葬墓と同じ扱いでも、割高な墓地もあるでしょう。
 

 

まとめ

以上が自然葬型(シンボルツリー型)樹木葬の選び方6つのポイントですが、この他にも永代供養にはさまざまな種類があります。
自然に還りたい」が目的であれば、本文でお伝えしたような散骨もひとつの方法です。
 
決める前に、あらかじめ樹木葬儀のメリットとデメリットを理解して、他の永代供養方法と比較検討しながら決めることをおすすめします。
 

 

 
 
まとめ

自然葬型樹木葬の選び方、6つのポイント

・埋葬方法(他の遺骨との区別)
・自然(土)に還る仕組み
・一緒に入る人
・埋葬後の供養方法
・埋葬後のメモリアルサービス
・自然葬型樹木葬の費用目安

自然葬COCORO特設ホームページへ
ヤシロの永代供養墓の
ご見学、資料請求はお気軽に

お電話でも受け付けております

0120-140-8469:00~17:30(年中無休)
ヤシロの永代供養墓の
ご見学、資料請求はお気軽に

お電話でも受け付けております

0120-140-8469:00~17:30(年中無休)
  • 永代供養墓の選び方
  • エリアで探す
  • 堂内墓地
  • ヤシロの墓じまい
  • 仏壇・仏具COCOテラス
  • ヤシロのお葬式
  • 火葬・埋葬ペット供養
pagetop