合同供養法要

お寺が毎月、必ず、
ご供養しております。

宝蔵寺が真心こめて永代供養いたします

合同供養法要とは

大阪御廟内宝蔵寺別院の本堂にて
毎月開催します。
宝蔵寺住職が永代にわたり
大阪御廟に眠るすべての方を
ご供養させていただきます。

開催スケジュール

毎月 21日 10:00~

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
2020年4月~12月の合同供養法要は
無参列で開催し、
住職によるご供養は通常通り行います。

ヤシロクラブとは

宝蔵寺について

平安時代から続く 由緒あるお寺が
供養するから安心

宝蔵寺は、聖武天皇をはじめ歴代十四天皇の勅願道場とされ、歴史的に重要な役割を果たしてきた真言宗国分寺(摂津国分寺)派の末寺で、本堂は国分寺の霊明殿を移されました。平安時代に創建されたと伝えられています。往古より産土神社の宮寺として並立し、神社を管理していました。

本尊は「木造 阿弥陀如来立像」。望月信成氏(元大阪市立美術館長)の調査では上品下生印の像であり、「肉髻、螺髪も大きく、面貌は円満、慈眼をたたえ、体躯はやや扁平であるが肩張り豊かで、堂々たる正面観があり、衣紋は皺を省略したことなど、藤原末期か鎌倉初期の製作であろう。」とのこと。これによっても如来像は門真市最古の貴重な文化財であり、当寺と共に産土神社の創建の古さも知られます。
前庭の十三重石塔の残缺は、藤原初期のものとされています。

キャンペーン
キャンペーン

閉じる

見学のご予約、資料請求はお気軽に

安心してご来園いただけるよう新型コロナウイルス
感染拡大防止対策を徹底しております1. アルコール消毒 2. 手洗い 3. マスクの着用