社長メッセージ|供養にまつわる総合企業 霊園・墓石のヤシロ

社長メッセージ

メイン画像

ヤシロは時代の変化とともに進化し、
時代に合った供養の在り方を
実現し続けます。

新本拠地「箕面」で
新たな挑戦の一歩を踏み出します。
八城 正明

株式会社ヤシロ
代表取締役八城 正明

1998年(平成10年)5月15日。 弊社は、旧社名㈱大阪生駒メモリアルパーク から㈱ヤシロへと社名変更し、その日をもって「新創業日」としております。
以来20年。自社開発霊園の単独販売、単独運営管理にこだわり、お客様の安心と、事業主体である宗教法人様、公益法人様からの信頼、そして業務を引き受ける弊社社員の喜び、その上で地域社会への貢献という「四方よし」の霊園作りの為に、悩み、知恵を出し合い、課題解決に向けた努力を繰り返し続けてまいりました。

特に人口減少が鮮明になった2010年ごろからの事業環境は、それまでのデフレ経済下の個人消費の低迷に加え、年金・社会保障に対する高齢者の不安増大、リーマンショック・東日本大震災などの未曽有の金融危機や自然災害、「終活」ムーブメントによる消費者知識の向上、中国経済成長による石材価格の高騰、ネット事業者の台頭・・・数え上げれば限がないくらい、正に前を向くことさへできないくらい事業環境が激変した10年であったと、今振り返ってもそう思います。

その激動の「平成」も後6か月。現時点では次の年号は解りませんが、間違いなく新しい時代はすぐそこまで来ております。
この新たな時代の最初の年に、私たちは新本拠地「箕面」で新たな一歩を踏み出します。
弊社初の店舗型ショールームの開設、新時代にふさわしいIOTを駆使した納骨施設の開発、そうした新規事業に合わせた組織体制の改革、次世代型経営管理システムの構築等々・・。

新本社への移転を機に展開される新しい『ヤシロ』の様々なチャレンジにご期待頂きますと共に、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

八城 正明

株式会社ヤシロ
代表取締役八城 正明

霊園という施設は
どのような存在であるべきか
八城 勝彦

株式会社 霊園墓石のヤシロ
代表取締役八城 勝彦

日々、刻々と変化していく現代社会にあって、霊園という施設はどのような存在であるべきか、このことを常に考えてまいりました。「少子高齢化」が進む社会の中で、お墓の承継が困難な時代になってまいりました。

「やすらぎ」を体感できる癒しの場。

私たちの霊園がそのような空間になるためには施設、環境、管理体制、サービスの向上に加え、一人ひとりのお客様の想いに共感し、時代に合ったお墓の形態や供養の在り方を具体的に実現していくことが必要だと感じるようになりました。

霊園・墓石のヤシロはお客様の様々な状況に対応し、お客様の「よろこび」をエネルギーとして真のやすらぎの場の創造に理想を追求しつづけてまいります。

八城 勝彦

株式会社 霊園墓石のヤシロ
代表取締役八城 勝彦