墓じまいの流れ|供養にまつわる総合企業 霊園・墓石のヤシロ|大阪

墓じまいの流れ

トラブルを避け成功させるために、
まずは基本的な流れを
知っておきましょう。

01

無料お見積り依頼

無料お見積り依頼1

電話またはメールにてご依頼ください。
住所・大きさ等、2,3の質問に答えていただくだけで簡単にお見積りが可能です。
お写真があれば即日回答いたします。

無料お見積り依頼2

02

現地調査

現地調査1

お見積りに現地調査が必要な場合は、伺います。
植樹の撤去の必要性など実際に現地を見て判断します。

現地調査2

03

埋葬証明書の準備

埋葬証明書1

墓じまいを勝手に行うことはできません。
お寺や霊園の管理者の許可が必要となりますので、寺院・霊園管理者に墓じまいをしたい旨を伝え「埋葬(埋蔵)証明書」を受け取ります。

また、墓じまいは、次の埋葬先が決まっていないと実施できません。これまでに新しい供養先を契約する必要があります。
ヤシロでは永代供養や樹木葬等、ご希望に合った新たな墓所をご紹介します。

埋葬証明書2

04

行政手続き

行政手続き1

墓じまいには、様々な手続きが必要です。
手続き方法は霊園や地域によって様々な形式があります。
ヤシロは墓じまいされる地域の手続きについて調査・アドバイスし、煩雑な行政手続きをサポートいたします。

<必要書類>
・受入証明書
・埋蔵証明書
・改葬許可証 等

行政手続き2

05

墓所の解体・整地・遺骨の拾骨

墓所の解体・整地・遺骨の拾骨

熟練の職人がお墓を丁寧に解体します。
解体後は、敷地を綺麗に整形して完了となります。
廃石材は、廃棄処理法に則り適切に処分を行います。

墓所の解体・整地・遺骨の拾骨

06

新たな供養先へ納骨

新たな供養先へ納骨

ヤシロは総契約数1万件以上の永代供養墓「なごみ霊廟」にて永代供養を行っています。毎月の供養祭など永代にわたり手厚い供養をいたします。お一人お一人のご両親やご先祖様への想いを大切に、永代供養墓だけでなく、樹木葬や自然葬もご用意しております。

新たな供養先へ納骨

墓じまいの前に確認しておく3つのポイント

墓じまいの前に確認しておく3つのポイント

墓の継承やライフスタイルの変化について親族間の思いや考え方の違い、長い間お世話になった現在のお墓の管理者や寺院との関係など、墓じまいには考慮すべき事柄がいろいろとあります。

ポイント1関係する人々の
“思い”や“考え方”
墓じまいは当事者だけでは
完結しないことが多くあります。

親族と...

墓じまいをすることについて、親族間で十分に話し合いましょう。皆さんにとって大切なご先祖様のご供養につながります。

寺院と...

今まで長い間大切にお世話してくれた寺院や霊園の思いに感謝し、まずは事前相談をするなど丁寧に対応することを忘れないでください。

“思い”や“考え方

ポイント2埋葬状況 自分たちのお墓の状態をしっかり確認しましょう。

今のお墓の管理者は霊園か寺院か、誰のご遺骨が埋葬されているのか、何体あるのかなど、埋葬状況を確認することによって、

・離檀料の有無、
・墓石撤去処分費用、
・新しい供養にいくら必要か

などが明確になります。 総額を把握して無理のない計画を立てましょう。

埋葬状況を確認

ポイント3お墓が本当になくなって大丈夫? 先祖からのお墓を“しまう”と、
この先自分たちが入るお墓もなくなってしまいます。

墓じまいをされた多くの方が、墓じまいをする時に、自分たちのお墓についてもいっしょに考えておられます。

例えば・・

ご先祖のお墓を

合祀供養墓
なごみ霊廟1なごみ霊廟2

ご先祖のお墓を

永代供養 樹木葬
COCORO1COCORO2
さくら1さくら2
供養のカタチは人それぞれ
墓に埋葬されている大切なご遺骨を、
気持ちよく取出し、墓石の処分が滞りなく進められることが、
結果、新しいご供養につながります。
ヤシロでは年間100件以上の
墓じまいを行っています。
お墓をしまうってどういうこと?
墓じまいってどんな風にするの?
を事例を元にご紹介します。

事例をもっと見る

墓じまいは皆さんわからないことだらけ
お気軽ご相談ください

墓じまいは皆さんわからないことだらけ お気軽ご相談ください

無料査定

無料査定
住所・大きさ等を簡単入力!
メールで見積を返信
無料査定

資料請求

資料請求
良くわかる!墓じまい専用資料をお送りします。
資料請求

無料査定

無料査定
住所・大きさ等を簡単入力!
メールで見積を返信
無料査定

資料請求

資料請求
良くわかる!墓じまい専用資料をお送りします。
資料請求

電話相談電話相談

電話相談電話相談

経験豊富なプロの墓じまいアドバイザーがお応えします。
お電話で2~3の質問に答えるだけでお見積もりも可能です。
電話相談