進化する永代供養の形|葬送・供養のあれこれ|供養にまつわる総合企業 霊園・墓石のヤシロ

資料請求・お問い合わせ 見学会・相談会

葬送供養のあれこれ~プロが教える豆知識~

進化する永代供養の形

メイン画像

永代供養とはお墓の承継者に変わり、墓地の管理者が遺骨を管理、供養するものです。
最近では少子化の影響だけではなく、「未婚者だが、実家のお墓に入りたくない」「嫁ぎ先のお墓ではなく、自分たちのお墓を別に建てたい」といった声も聞きます。そのため、お墓の承継者の心配をしなくてもよい、永代供養墓のニーズが高まっています。
また、ここ数年、増えているのが「堂内墓地」です。昔ながらのお墓のスタイルではなく、利便性にすぐれた屋内施設での新しい供養スタイルが注目されています。
今回は、ますます進化する永代供養墓について紹介します。

自由化が進む、永代供養墓

永代供養墓の経営形態は、一般のお墓とほぼ同じです。寺院墓地、公営墓地、民営墓地があり、それぞれの管理者によって、サービス内容や埋葬条件なども変わってきます。
また、お墓の形については、納骨の種類で分けると、「個別型」や「合祀型」、「自然葬型(樹木葬)」や「納骨堂型」などが挙げられます。(詳しくはこちらをご覧ください。)

【個別型】

進化する永代供養画像01-1

一代限りで、個人が自分のために建てるお墓です。独身者や墓じまいを前提とした方に人気で、一定期間の後に合祀されて永代供養となるケースが多いです。

【合祀型】

進化する永代供養画像01-2

一般的な骨壺で納骨するのではなく、納骨時から、他の方のお骨と一緒にして埋葬されます。永代供養され、宗派・宗教についても制限がない場合が多いです。特定の寺院などでは、檀家になることを求められる場合もあります。

【自然葬型(樹木葬)】

進化する永代供養画像01-3

墓石のかわりに樹木を墓標として植えます。個々に埋葬し、その上に木々を植える場合もあれば、1本のシンボルツリーの周りに、共同で埋葬される場合もあります。骨壺のまま埋葬されるか(個別型)、遺骨そのものを埋葬するか(合祀型に近い)は、墓地によって異なります。

【納骨堂型】

進化する永代供養画像01-4

複数の骨壺を同じ場所に安置するタイプです。種類としては「共同墓」とも呼ばれます。一般的にはロッカー型や棚型、仏壇型が多く、遺骨を土に埋めずに屋内に安置します。墓標として共同スペースに仏像を祀るなど、さまざまな形がみられます。

いずれもお墓参りについては、一般のお墓とほぼ共通しています。ただし、永代供養墓の場合は管理の都合上、手合わせをする場所が決まっていたり、お墓周りの掃除ができなかったりと、一般の家族墓とは異なるケースも多いです。
また、法要については、合祀型では年に数回、合同で供養されることが一般的ですが、寺院や霊園によっては、個別法要も可能です。もし一周忌や三回忌などの法事を個別で行いたい場合は、そうした場所が施設内にあるのか、僧侶の手配は可能かなど、事前に確認しておきましょう。

お墓参りが楽! 堂内墓地とは

進化する永代供養画像02

最近、注目されている新しいお墓の一つに、「堂内墓地」があります。
これは従来の屋外に建てるお墓とは違い、ビルなどの施設内にお墓を建てるものです。お墓のタイプとしては「納骨堂型」が多く、デジタルを駆使した自動搬送式のものまで登場しています。自動搬送式とは、専用のカードキーを指定の場所にかざすことで、故人様のご遺骨が参拝所に運ばれてくるといった、最新技術を使ったシステムです。
ここでは、堂内墓地のメリットをみてみましょう。

●安心のセキュリティ
一般的には受付が設けられ、入館にあたって簡単な手続きをします。カードキーで出入りする場合も多く、関係者以外が立ち入れないシステムになっています。

●アクセスや利便性の良さ
従来の屋外墓地と異なり、山の近くや郊外まで出向く必要がありません。ビル内にあるため駅前に建設されることも多く、電車などでアクセスしやすい場所にあることが一般的です。また天候にも左右されにくいため、足の悪い方や車を持たない方にとっては、こうした立地条件が魅力といえます。

●手入れの心配が減る
屋内にあるため、墓石が雨風にさらされる危険性がありません。ご遺族が手入れや掃除をする範囲も屋外のお墓と比べると少ないといえるでしょう。手入れについては、管理者が全てを担ってくれる場合もあります。

●永代供養も可
管理者によって細かいサービス内容は違いますが、多くが永代供養を受け付けています。一定期間を経ての合祀や、共同墓としての安置など、さまざまな選択肢があります。子孫への負担軽減を考え、永代供養とお墓参りのしやすさを前提に、こうした堂内墓地を選ばれる方が増えています。

※管理者によって、永代供養墓についてのサービス内容や詳細は異なります。また種類分けについての名称も異なる恐れがあります。

新しい時代のお墓へ

進化する永代供養画像03

価値観の多様化が進むなか、お墓の多様化も同じように進んでいます。なかには利便性ばかりを求めることに罪悪感を抱く方もいるかもしれません。しかし残されたご家族が困らないように、墓じまいを前向きに考えることは、思いやりでもあります。これからは永代供養墓の選択肢も、ますます身近なものになっていくでしょう。
ヤシロでは、墓じまいから永代供養まで、さまざまなお墓を揃えております。
特に令和になってからOPENした、堂内墓地「大阪御廟」は注目を集めています。快適な空間で安らかに故人様と対面できると、お喜びの声も届いております。
また、ご葬儀や納骨、位牌のご供養などもサポートしております!
お墓についてお困りの際は、ぜひお近くのヤシロまで、ご相談やご見学にお越しください。