お墓のお供えについて|葬送・供養のあれこれ|供養にまつわる総合企業 霊園・墓石のヤシロ

葬送供養のあれこれ~プロが教える豆知識~

お墓のお供えについて

メイン画像

お供えとは、故人・ご先祖様・仏様に尊敬と感謝の気持ちを示す意味で行いますが、皆さんはどのようなものを、どんな目的でお供えしていますか?今回は、お墓のお供えものについてご紹介していきます。

お墓のお供えについて

仏教のお供えは五供(ごくう)である「お香」「花」「灯明」「水」「飲食」が基本です。故人が好きだった物を用意してお墓参りに行きましょう。

「お線香」

お墓のお供え画像01-1

古代インドでは、亡くなった人は香りを食べると伝えられています。
墓前に良い香りの線香をお供えすることは、食べ物をお供えするのと同じ意味があります。
カメヤマローソクの『好物線香』シリーズは、各メーカーと共同開発した、いちごみるく線香や、あずきバー線香。ワンカップ線香など、故人の好きだった食べ物の香りがするお線香が販売されています。故人が好んでいたものを選んでいくことで、より一層心のこもった供養となりますので、お勧めのお線香です。
お線香は宗派によってお供えする線香の本数が決まっています。天台宗・真言宗は3本、浄土宗・曹洞宗・日蓮宗・臨済宗は1本の線香を2つに折って、横向きに寝かせてお供えします。ただし、同じ宗派でも、地域によってルールが異なる場合がある為、家族や親戚に相談してからお供えすると良いでしょう。

「お花」

お墓のお供え画像01-2

お供えするお花には、ご先祖様や仏様への感謝の気持ちを示す意味合いがあります。種類や色は、落ち着いた色・トゲのない花が一般的ですが、「これでなければならない」というルールはありません。故人の好みを優先してバラや色の濃い花などをお供えしても問題ありません。ですが、花粉が飛ぶ花はお墓が汚れる原因になります。また、香りの強い花は虫を寄せ付け、これもお墓が汚れる原因になります。お墓をきれいに保つ為に、これらのお花は避けた方が良いでしょう。
そして、生花は屋外で供えると日光や風雨にさらされ、あっという間に枯れてしまいます。お墓に供える花は常に枯らさないようにしたいですが、実際にはかなり難しいことです。
実は、お墓にお供えするお花が生花でなければいけないという決まりは特にありませんので、造花をお供えしても失礼にはあたりません。造花は天候や環境による劣化にもよりますが、きれいな状態で約1年間供え続けることができます。
供花は、故人のために花を選び、故人を偲びながらお墓を華やかに飾ってあげることが大切です。定期的に手入れができない場合は、造花をお供えすると良いでしょう。

「ロウソク」

お墓のお供え画像01-3

仏教では、「火」を神聖な存在として扱ってきました。
ロウソクの灯りには、火によって周囲の不浄を浄める目的と、お参りに来た方々の顔を明るく照らし、ご先祖様に姿をよく見せるという2つの目的があります。また、宗派によってはおめでたいことの報告や、開運や厄除けといったお願い事の場合に朱ロウソクというあかいロウソクを使用したり、葬儀や四十九日までに行われる法要金と銀色のロウソクを使用することがあります。お墓の前を離れる時は、必ず火を消すようにしましょう。

「水」

お墓のお供え画像01-4

お花とともに清らかな心のお供えを意味し、お供えします。もともと自然水をお供えしていましたが、現代では水道水やお茶をお供えする場合も多く、それらをお供えしても問題ありません。

「食べ物」

お墓のお供え画像01-5

お線香やお花と一緒で、生前故人が好んでいた食べ物や飲み物などをお供え物とするのが良いでしょう。季節を感じられるお菓子や夏はスイカ、秋はリンゴやブドウなどの旬の果物などもおススメです。
タバコやお酒などを好んでいたなら、それらも供えて問題ありません。
カメヤマローソク『好物キャンドル』シリーズは、好物線香シリーズと同じく故人の好きだった食べ物の形をしたキャンドルが販売されています。本物を供える事が難しいステーキや枝豆、お寿司など様々なキャンドルで故人様も喜んでくれることでしょう。

お供え物は持ち帰るのが基本

動物に荒らされたり、腐ってしまったものを放置しない為に、お墓参りの際のお供え物は基本的に帰宅する際に持って帰ります。
公営墓地や民営墓地などは、禁止事項として看板が設置されていることも珍しくありません。また、食べ物や飲料が墓に付着すると、墓石の劣化の原因となりますので、お供えしたものは忘れずに持って帰るようにしましょう。
また、お供え物を墓地で食べてしまうというのもマナー違反にはなりません。故人やご先祖様と一緒にテーブルを囲むような気持ちで、お供えしたものをありがたくいただきましょう。

まとめ

お墓のお供え画像02

いかがでしたでしょうか。お供えものはそれぞれ意味がありますが、故人を想い、故人やご先祖様を想いお供えすることが一番大切です。昔ながらのしきたり通りではなくても、気持ちを込めてお供えすれば、故人もきっと喜んでくれることでしょう。
ヤシロの霊園では、売店にて供花やお線香、ロウソクなどのお供え物を取り揃えております。いつでも事前の準備なしでお参りしていただけます。ぜひご見学にお越しください。